Newest post - date : 2019年9月8日

9月の一週目も終わった今日である。

そろそろ 体も秋から冬のための準備も始めなければ・・・

 

さて、学校が再開されての一週間。生徒はやはり夏の間の生活リズムとの違いから調子を崩す生徒も出てきた。

そんな中で 堀居の方がある生徒の保護者に宛てた文である。



夏休みの内容の達成度テスト結果です。

Aクラス◇名

97点2名


△点1名

最後の△点が〇〇㊟生徒指名 です。極端に低い結果です。
これは生徒自身がが全く理解できていないわけではなく、家での宿題として提出させた際、やるのを忘れていて当日適当に考えもしないでやってきたからです。
答案後半はほぼ白紙の状態。
他の問題もまったく落ち着いて考えたふしがありません。

日頃の授業で、当人はきっちり答えを導き出せますし、能力的にできないわけではないことは明白です。それだけにこの結果は深刻です。

当然、やり直しは家でさせて再提出させますが、今後も生徒がこの状態で変わらない場合、来年度、受験学年になった時には本当についてこられなくなります。また、出した宿題をやってくるという基本中の基本ができないような受験生は、塾でお預かりすることはできなくなります。

お父様もさることながらお母様もお仕事が大変なことは伺っておりますし、1から10までご家庭で生徒本人を管理することは、生徒にとって過保護にしかならないとも思います。
しかし、このままでは塾を続けることができなくなるのも事実です。
本当に生徒自身が変わることを期待するのであれば、ご家庭での雰囲気作りが不可欠だと考えます。

お忙しいことは存じておりますので心苦しい限りですが、どうぞ今一度塾に通う意味を生徒とお話し合いください。

この文章を読んで暑くなりませんか・・

当事者の保護者かすれば、はなはだうっとうしい文章であります。

ただ、書かずにおられなかった講師の熱い気持ちもわかっていただきたいのであります。

それと、私には書けない文であることに対しても悔しさを隠し切れないのであります。

たかだか28名しか預かれない弱小塾ではありますが、『一寸の虫にも五分の魂』とも言われる通り、魂の大きさは=暑苦しさは 他塾に引けは取りません。( `ー´)ノ

 

怒る行動がとれる塾であり続ける覚悟は堀居だけでなく、私自身もそうでありたいと思う9月第一週でありました。

 

 

  
date : 2019年9月1日
やはり 令和最初の夏も暑(熱)かった( ^ω^)・・・ 後半戦は 一言でいうなら『堀居の独壇場』であった うちの文系科目の国語・英語は堀居の手腕によって過去の卒業生は高い学力をつけたうえで受験に臨めた・・・ ただ、 ただ本年の七期生はその点が不安な学年であることは予感していたが・・・ それが確信へと... 続きを読む
date : 2019年8月21日
昨夜から 思い出すのは一年前の8月21日である・・・ 父が母のもとに旅立っていった。 厳格な父であった。 言い換えれば頑固親父であった。 父を奈良の病院に転院させてわずか一月の出来事であった。   早朝 父母の眠る地に花を持ちたたずむ・・・ 人の命とはいかにはかないものか 小説とは異なり現... 続きを読む
date : 2019年8月19日
この夏は本当に時間の流れが緩やかである・・・ このお盆休暇も みっちりスケジュールをこなし さらに隔日で夕方のプールで河童のように泳ぎまくった・・・   私の小中学校にはプールなるものはなかった( ^^) _U~~ なにせ海が近くにあるので 夏の体育の授業では海で泳いでいた( ^ω^)・・... 続きを読む
date : 2019年8月14日
お盆休みの中日の今日である・・・ 台風の影響であろう…エアコンのない部屋にもそよそよ風が吹き込み 快適である!(^^)!!(^^)!!(^^)!///   前半戦を終えてみて 今年 例年より強く感じたことは 中三生の欠席の多さである。 7月末から8月上旬は 運動部・文化部とも最後の大会&打... 続きを読む
date : 2019年8月4日
あと数名をのこし 現中学三年生はクラブ活動に一旦終止符をうった・・・ 強かろうが 弱かろうが そんなことは関係ない。 ただの一つの通過点である(このようなことを断定的に言えるのも 爺の証拠! )。 そこに向かって全力であったかどうかが大事なこと・・・今はお疲れ様である<(_ _)> &n... 続きを読む
date : 2019年7月28日
NHKのチコちゃんに教えていただいた話では 歳をとると時間の流れが速く感じるのは『ときめき』がないから・・・だそうだ(/o\)。 その点では この一週間は日々『ときめき』があったのであろう・・・( `ー´)ノ 運動部の生徒は最後の大会に忙殺され 終れば大人顔負けの『打ち上げ』なる会をおこない塾を休む... 続きを読む
date : 2019年7月21日
ただいま! と声を出しても むかえてくれるのは 潮騒の音だけ・・・ それでも ここが私の故郷
date : 2019年7月15日
期末の結果を見ると中学二年生は私の指導科目である数学・社会がとり切れていないことが判明した。 塾の最低の目標として学校の平均点に対して 塾生の平均が1.2倍以上をラインとしている。 他の教科クリアーしている科目がほどんのなのに私が足を引っ張った形である。 やっていることに自分の満足感はあったのである... 続きを読む
date : 2019年7月7日
街を歩けば 短冊の願い事にふれる 今日であります。 長かった対策授業明け 授業再開したわけでありますが、濃密に日々を送ってきたせいで  たかだか一週間会わなかった生徒の顔を見ると まるで2,3ヶ月会っていなかったなような錯覚を起こしてしまったのであるから 私の脳みそとは不思議なものである。 いつもな... 続きを読む