Newest post - date : 2024年6月9日

明日から期末対策となる今日 小雨交じりの日曜日

畑のお世話も今日はお休み

のんびりと朝のすこし冷たい空気の中でこの駄文を記している。

 

明日から期末対策である。中間が終わった後の二週間、気を抜くことなく過ごしてきたつもりではある。

受験学年の十二期生(中学三年)は旧内申制度の最後の年であるので、中二から中三にかけての前半戦のカギが期末試験である。

生徒の方の様子を見ても新学期→修学旅行→中間試験→学力診断テスト→期末試験と行事が目白押しの中ではあるが、予想よりも安定して授業を受けており安堵している。

男の子の方が多い学年であるので(29人中21人男子)であるので勢いはあるが、その分ガサツさが目に付くことが多かった。

が、最近中二のころとは様子が一味変わってきていると感じることが多々あり、うれしくもある。

中間試験における各学校の達成率( 塾生平均点/学校平均点 )でみると安堵中→135%、斑鳩南中→133%、斑鳩中→139%となっているので結果もまあまあ残せた。

この二週間の成果を結果として残せる明日からの二週間にしたい。

 

 

さて自分事は

足の痛みはひどくなり困っていた。

病院の先生に相談し、びっくりするぐらい( ;∀;)高価であるが足型をとり靴の中敷きを作成してみた。

ド素人の私がするべきことではないのは重々承知であるが、気の弱い私は痛み→お散歩しなくなる・・・気持ちが焦る、という悪循環に陥っていた。

完成まで一週間、藁にもすがる気持ちで決断したのちも半信半疑であった・・・

いろいろケガをし走り方がおかしくなっており足の変形が進んでいたことは自覚はしていた(年も重ねた(-_-;))。

痛みが自分の気持ちを弱らせ、通常の距離をこなせなくなっており、数キロごとに道端で靴を脱ぎ痛みが治まるのを待つしかなかった。(-_-;)

完成後 不安を抱えたまま早速練習。

(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)

痛くない・・・本当に痛くないのである(*^^)v。

違和感がまだあるがとりあえず元の練習量をこなせるまでにはなった。

高価なものであったが保健適応のものなので、3割負担で後に差額の返金もあるとのこと!(^^)!!(^^)!!(^^)!( 業者の方も作る前にそれを教えてくださいよ~ )

生徒は期末の結果

私は距離という足跡を残す6月である

5月26日→11.4㎞

30日→13.8㎞

6月1日→13.8㎞

2日→8.9㎞

4日→17.4㎞

6日→11.4㎞

8日→14.1㎞

あと残り 532.1㎞ あと98日

 

 

 

 

 

 

 

 

  
date : 2024年6月6日
そろそろ多くの塾が『夏期講習会』に関する新聞の折り込み広告が入るようになりました。 毎年お知らせしておりますが、当塾には『夏期講習会』というコンテンツはございません。 6月10日(月)~28日(金)は 学校別期末試験対策授業。 対策授業明けの7月1日(月)~8月10日(土)の間は 月・水・金→中学二... 続きを読む
date : 2024年5月26日
先週23日(木)の夜にて 翌日金曜日試験に対する中間試験対策授業を終了。翌24日(金)~今日まで休暇中である。 今年 理科を担当してくれる大学生三人(八期卒業生)は初めての対策授業である。 一人は先輩の指導の下、後二人はお互い協力しあい努力しあっている姿を見ると、自分の競争心にも火が付く。 彼らには... 続きを読む
date : 2024年5月12日
中学二年生は この塾の対策授業は今回が初めてである。 この学年から 奈良県の内申評価が変わり 中二は『学習態度』のみの評価である。 去年と異なり、数学のワークも自主学習〇ページの提出で評価をつける・・など 物差しの基準が異なってはいる。 授業態度、提出物に重きを置くことは悪いことではない・・・。 が... 続きを読む
date : 2024年4月30日
四月最終日 昨夜の雨もおさまり 世間でいう連休のはざまである。(世間と塾はきっとカレンダーは異なる( ;∀;)) 前半戦と言われる連休もひたすら5月にある中間試験の準備に没頭した。 まあある意味 授業がない分落ち着いて作れる時間はありがたい限りである。 今まで何枚のプリントを作ってきたか数えたことは... 続きを読む
date : 2024年4月14日
十一期生が去り、まだまだ少ない人数であるが十三期生も動き出した。 新中二である十三期生から奈良県の内申評価の変更が始まる。 教育委員会の言い分通りであれば 授業態度のみ評価をあたえ試験結果は二の次になる。 この判断がいい悪いは一個人の言い分を述べるつもりはない。 が、これを逆から見ると中一、中二まで... 続きを読む
date : 2024年3月19日
術後の経過も・・・わるくないとのこと(=゚ω゚)ノ しかし 痛めたものは元には戻らず(視力の回復)・・・あたりまえである 幸いに 明るさを手に入れることができた。 後しばらくは無理は厳禁(`・ω・´)ゞ   さて十一期生も塾を去り、昨日から十三期生(新中学二年生)も開講した。 お互い ド緊... 続きを読む
date : 2024年3月9日
まさか自分が公立入試問題を病室で解くことになろうとは・・・ 去年までには想像もつかなかった 試験日である8日(金) 約二時間にわたる手術を終えた 先生曰く、ここ数年で一番難しかった手術だったそうである それはそうであろう、もともと事故で破壊され、当時左目は摘出しかないと覚悟していた。 それが医大の先... 続きを読む
date : 2024年3月7日
十一年目の受験日前日 まもなく授業を終えて彼らはこの塾を去っていく 私自身の彼らに対する授業は昨日に終わらせて、私自身は今病室にいる。 彼らが明日 受験に臨むと時を同じくして私も昔痛めた左目に再度メスをいれる。   私は心が狭かったのであろう マラソン大会に参加した初めのころ、沿道からの応... 続きを読む
date : 2024年3月4日
ふーーー この二か月は例年にないぐらい、ただただ忙しかった・・・ ふと気づけばあと残り3日で最終 公立高校入試である。 堀居の指導の下、27名中 すでに8名は進路を確定し旅立っていった。 残り19名   思いおこせば昨年12月の特訓以来 朝起きてすぐに熱い茶を一杯入れて、その日の予習を2,... 続きを読む