講師歴30年。数学、社会を指導している。
「あだち塾」開塾初年度にして、中学3年生の定員を満員にし、募集を停止状態にした実績を持つ。「安達が教えるのなら」という意識で入塾を決める保護者や生徒は数多い。
25年間で培った授業内容は古臭さのかけらもなく、非常にわかりやすくシャープである。
数学ならば、決して「重たい雰囲気」の授業にならず、難解な内容を生徒たちとテンポのよいQ&Aによってあっという間に解法の理解に到達させる。また、習熟度に応じて復習に時間をかけたり、より深い思考を必要とする問題に接しさせたりと、効果的に学力を上げるための技術は臨機応変に展開される。社会では地理、歴史、公民とも単に中学生に教えるというだけではなく、膨大な量の知識を日々貪欲に仕入れている。定期テスト対策の授業では、生徒のノートから暗記プリントを各学校ごとに作成するのであるが、その内容は、学校の先生の勘違いの訂正や出題の傾向までを完璧に含めており、「暗記するだけで9割以上は答えられる」という密度の非常に濃いものである。
しかし、彼の授業の真髄は技術的なものにあるのではない。生徒一人ひとりの体調や心理的な浮き沈みまで察知し、真剣勝負の集中した授業の合間に爆笑を誘う冗談を言って一気に生徒の緊張を緩和し、それをきっかけに生徒はまた次の問題に集中していく。授業後は必ずチェックのテストをして、一人ひとりの習熟度を常に把握している。豪胆な外見とは対極に非常に繊細な心遣いを生徒に対して行う。瞬発力と計画性、厳格さと思いやり、ねばりと楽観主義などさまざまな相反する要素が同居する彼の人格こそが、他の追随を許さない授業を生み出す核心である。
長年の市民ランナーであり、常に挑戦する姿勢を崩さない。フルマラソンは年に何度もこなす。読書家で社会派小説や推理小説に非常に深い造詣を持つ。また貸し農園で野菜を作るという趣味も持つ正に「多様な」人物である。
講師歴25年。彼の学問や芸術に対する造詣はとても深く、家の床を傾けるほどの蔵書量を誇る。
アニメから生命の誕生まで、彼の知識欲はいまだ衰えることはなく、日々の他愛のない日常からも、何らかの啓示を受けとめている。その彼の得意技は文章のうわべをなぞることにあらず、
そこに出てくる動植物や行事などを生徒の五感に訴えることでよりその文が構築する風景を白板の前に醸し出し、生徒に行間を読ませることができるようにさせることである。
彼が作る国語・英語の練習問題は高校入試に必要なすべての知識を盛り込んでいる。しかし、知識を提示するだけで生徒がそれを習得できなければ何の意味もない。そのための授業延長、補習は生徒一人ひとりの学力到達度に応じて当然のこととして行われる。本人は日々少しでもわかりやすい授業をめざして更新をこころがけており、生徒を教えることで、自分も生徒から教わりたいと願っている。彼の手にかかって英語・国語の成績を上げられなかった生徒は私の記憶ではただ一人もいない。基本的に授業は厳しいが、その中に込められた「授業の楽しさとは習得する知識そのものの中にこそあるべきだ」という理想に触れた時、生徒は自ら積極的に学習する姿勢を持つようになる。
多くの卒業生が彼を訪ねてくるのも、彼の人柄を著わしている。彼こそ『あだち塾』のもつ厳しさの中から生まれる楽しみを体感させてくれる人物である。